FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「遍路文化の定着をめざす“お接待”講座」を開講しました。

安田町地域雇用創造協議会では、8/1(土)に、徳島文理大学客員講師・ディビット・モートンさんを招いて、「遍路文化の定着をめざす“お接待”講座~外国人と四国遍路」という講演会を開きました。

ディビットさんは、学生の頃から、遍路文化を研究し、自らもお四国をまわって、霊場巡りの英語版ガイドなどを発行したり、講演活動を行って、国内だけでなく、海外の方々にもお四国の魅力を伝える活動をしてくださっている方です。

今回は外国人と四国遍路、というタイトルで、ご自身の四国遍路の出会いから体験談、
大正、昭和の代表的な外国人遍路さんの紹介や、外国人の方が遍路をされる動機や感想、
また、外国人だからこその困難な点などなど、テーマにそって、映像などもふんだんに使用して、
解りやすく、紹介して下さいました。

お接待お接待

普段、お遍路さんへお接待してくれている、ボランティアグループの皆さんや、
宿泊業者の方々なども参加していただいたのですが、最後は皆さん、
和気あいあいと先生と歓談するほど終始アットホームな雰囲気でした。
年間十万人は訪れる、と言われているお遍路さん。
遍路文化をより一層理解し、お接待文化を大切にして、
今度は、88か所の中の一つの場所としてではなく、
安田町へ観光に訪れてもらえるような、心と心のつながりを育んでいけるような、
町独自の文化として、アレンジ出来ていければいいな、と思いました。


モートンさんの著書
「A Journey of the Soul~The Dhikoku Pilgrimage and its 88 Temples~」
モートンさんの本
外国人お遍路さんの新しいバイブルとして、現在問い合わせ殺到中!
ISBN 978-4-905702-52-8 \1,800(税込)

モートンさんも英訳に関わったガイドマップ
四国観光立県推進協議会制作の無料ガイド
shikokuJapan
日本語の他に、英語、韓国、中国(簡体字)、台湾(繁體字)版あり、写真は英語版


最新情報として、モートンさんはお父さんの著書を監修され、先週発売になりました。
Diarycover_book_front_Japanese_edition.jpg
「泰緬鉄道からの生還」2,910円

コメントおおきに










<




非公開コメント

http://yasudacksk2.blog119.fc2.com/tb.php/7-5ee11aa5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。